こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

[画像解説]Windows 10 でHyper-Vをインストール(有効化)する方法

f:id:bfx62324:20180815085246p:plain

Windows 10には標準でHyper-V仮想化機能が付属しています

  • Enterprise、Professional、Education エディションに限定されます
  • HomeエディションはHyper-V機能を有効にできません

Windows10でもHyper-Vさえ使えれば

などのメリットがあります

特に、本番Hyper-V環境へ移動可能なのはいいことで自身のPCの余ったリソースを検証環境として利用可能になります
とはいえライセンス規約などに違反しないように注意してください

Windows 10のHyper-Vインストール手順(有効手順)

今回は以下図の状態までのセットアップを目標にします

f:id:bfx62324:20180823171244p:plain

Windows10インストール時に組み込まれているので、インストールと言うよりは機能の有効化という方が正しいです

Windows ボタンを右クリックし、[アプリと機能] を選択します。

f:id:bfx62324:20180815085252p:plain

[Windows の機能の有効化または無効化] を選択します。

f:id:bfx62324:20180815085249p:plain

[Hyper-V] を選択して、[OK] をクリックします。

f:id:bfx62324:20180815085246p:plain

インストールが開始されます

f:id:bfx62324:20180815085244p:plain

完了し、再起動するとインストール顔料します

f:id:bfx62324:20180815085241p:plain

仮想スイッチの作成

Hyper-V有効化だけではスタンドアロン仮想マシンしか作ることができません

などの普通の要望に答えるためには仮想スイッチの作成が必要です

スタートメニューから「Hyper-Vマネージャー」を起動します
「仮想スイッチ マネージャー」をクリック

f:id:bfx62324:20180815085330p:plain

「新しい仮想スイッチ」ー>「新しい仮想ネットワークスイッチ」をクリックして 外部・内部・プライベート から選択します

  • 外部: 物理PCと同じIPアドレスを与えて、PCの外にネットワーク通信させたいとき
  • 内部: 仮想マシン同士と、仮想マシンと物理PC間で通信可能
  • プライベート: 作成した仮想マシン同士だけで通信可能(物理PC側も通信できない)

f:id:bfx62324:20180815085333p:plain

仮想スイッチ名を入力して、「OK」をクリック
(ここでは仮想マシンと物理PCだけで通信可能な内部ネットワークを作成)

f:id:bfx62324:20180815085327p:plain

以上で、以下の状態まで構築できました

f:id:bfx62324:20180823171244p:plain

ここから先はご自身のお好きなように仮想マシンを作ってください

関連記事です

Windows10 Hyper-Vでも、LinuxはもちろんWindows Server 2016仮想マシンも構築可能です

www.hitoriit.com

Windows10のライフサイクルは従来までのWindowsから変更になっています

www.hitoriit.com

以上