こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

やさしいWindows Server バックアップ復旧手順(共有フォルダ/NASに取得したWindows Server 2012R2 OSリストア手順)

f:id:bfx62324:20180902161237p:plain

やさしいWindows Serverバックアップ復旧手順(Windows Server 2016 OSリストア手順)

Windows Server標準バックアップ機能がリリースされてWindowsサーバOS領域のバックアップが非常に簡単に実施できるようになりました。ステートレスなサーバ(WebサーバやAPサーバなど)は本機能で十分バックアップ運用が可能です
DBサーバは別途DBツールのダンプファイルや有償バックアップソフトを活用したバックアップを推奨しますが、有償バックアップソフトをDBサーバやファイルサーバに限定することでバックアップ実装コストを下げることが出来ます

今回は 共有フォルダ・NAS バックアップ取得したWindows ServerのOS領域を復旧する手順を対象としています

www.hitoriit.com

Windows Server 2012R2 OSリストア手順

用意するもの

  • OSインストールメディア(Windows Server 2012 R2インストールDVDまたはISOイメージ)
  • バックアップデータ(バックアップに使用したNAS/共有フォルダ)

OSイメージリストア手順

サーバ(または仮想マシン)の電源を投入し、OSインストールメディアから起動させます

  • 物理マシン : DVDドライブにOSインストールメディアを挿入し、DVDドライブから起動
  • 仮想マシン : OSインストールISOイメージを仮想マシンにマウントし、CD/DVDドライブから起動

「インストールする言語」「時刻と通貨の形式」「キーボードまたは入力方式」「キーボードの種類」を選択し、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180902161154p:plain

「コンピュータを修復する」をクリック
f:id:bfx62324:20180902161206p:plain

トラブルシューティング」をクリック
f:id:bfx62324:20180902161214p:plain

DHCP環境でNAS/共有フォルダから復旧する場合は以下の記事を参照して固定IPアドレスを付与してください

www.hitoriit.com

コマンドプロンプト」をクリック

f:id:bfx62324:20180903102537p:plain

コマンドを実行

  • startnet
  • netsh int ipv4 show int

IPアドレスを付与するNICの「idx値(今回は3)」を確認

f:id:bfx62324:20180903102548p:plain

コマンドを実行

  • netsh int ipv4 set address static name=[idx] address=[ip address] mask=[netmask]

f:id:bfx62324:20180903102555p:plain

IPアドレスが付与されたことを確認し、「exit」を実行してコマンドプロンプトを終了

f:id:bfx62324:20180903102603p:plain

トラブルシューティング」をクリック

f:id:bfx62324:20180903102612p:plain

「イメージでシステムを回復をクリック
f:id:bfx62324:20180903103556p:plain

「キャンセル」をクリック
f:id:bfx62324:20180903103612p:plain

「システムイメージを選択する」を選択した状態で「次へ」をクリック
f:id:bfx62324:20180903103620p:plain

「詳細設定」をクリック
f:id:bfx62324:20180903103631p:plain

「ネットワーク上のシステム イメージを検索する」をクリック
f:id:bfx62324:20180903103644p:plain

ネットワークフォルダーにUNCパス(\サーバ名\共有名\フォルダ名\ でフォルダを入力)
f:id:bfx62324:20180903103652p:plain

ネットワーク資格情報を入力(ユーザ名: ドメイン名\ユーザ名 、 パスワード)
f:id:bfx62324:20180903103703p:plain

復元したいバックアップデータを選択(コンピュータ名を選択)して、「次へ」をクリック
f:id:bfx62324:20180903103736p:plain

復元したいバックアップデータを選択して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180903104007p:plain

「ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割する」を選択して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180902161506p:plain

f:id:bfx62324:20180902161518p:plain

f:id:bfx62324:20180902161530p:plain

f:id:bfx62324:20180902161538p:plain

f:id:bfx62324:20180902161546p:plain

しばらく待つとOSコンピュータイメージの再適用が完了し、サーバが自動的に再起動します

バックアップ取得手順

別途有償ツールを使う必要なくWidnows標準機能できちんとバックアップ・リストア運用は可能です。
非常に簡単なPowerShellスクリプトを作成してタスクスケジューラ実行させるだけで簡単に無人運用も実現可能です
バックアップ先が外付けHDDの場合とNAS/共有フォルダの場合とで手順・世代管理方式が異なるので注意してください

外づけHDDにWindowsバックアップを取得する手順です

www.hitoriit.com

NAS/共有フォルダにWindowsバックアップを取得する手順です

www.hitoriit.com

関連記事です

Windows Server 2016のWindows Serverバックアップ手順はこちらを参考にしてください

www.hitoriit.com

Windows Server 2016のWindows Serverバックアップの復旧手順はこちらを参考にしてください

www.hitoriit.com

以上