こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

CentOS 7 画面をGUIに変更(ランレベル変更)

f:id:bfx62324:20181013210302p:plain

CentOS 7からOSのランレベル変更方法が、CentOS 6以前の「/etc/inittab」でOSのランレベル変更という方法から変わっています

  • CentOS7  : 「systemd」で実施
  • CentOS6以前: 「/etc/inittab」で設定

systemctlコマンドを使用

「systemctl」コマンドを使用して、各ランレベルに設定を変更する方法です。

ランレベル コマンド
ランレベル1 (シングルユーザモード) sytemctl set-default rescue.target
ランレベル3(CLI マルチユーザモード) systemctl set-default multi-user.target
ランレベル5(GUI マルチユーザモード) systemctl set-default graphical.target

こちらのコマンド実行後、再起動すると起動時ランレベルが変更されます 実際には「/etc/systemd/system/default.taget」ファイルが入れ替えられている

自動的にGUIで起動する(起動ランレベル5に変更)

  • 現在のランレベルを取得 systemctl get-default
  • 変更 systemctl set-default graphical.target

実行例

[root@centos75 ~]# systemctl get-default
multi-user.target
[root@centos75 ~]# systemctl set-default graphical.target
Removed symlink /etc/systemd/system/default.target.
Created symlink from /etc/systemd/system/default.target to /usr/lib/systemd/system/graphical.target.
[root@centos75 ~]# systemctl get-default
graphical.target
[root@centos75 ~]#

自動的にCUIで起動する(起動ランレベル3に変更)

  • 現在のランレベルを取得 systemctl get-default
  • 変更 systemctl set-default multi-user.target
[root@centos75 ~]# systemctl get-default
graphical.target
[root@centos75 ~]# systemctl set-default multi-user.target
Removed symlink /etc/systemd/system/default.target.
Created symlink from /etc/systemd/system/default.target to /usr/lib/systemd/system/multi-user.target.
[root@centos75 ~]# systemctl get-default
multi-user.target
[root@centos75 ~]#

いままで染み付いた手順が使えないのは非常に痛いですが、そのうち慣れるでしょうか・・・無理かも

関連記事です

Windows10のHyper-V上にCentOSをインストールしておくと何かとはかどります

www.hitoriit.com

記憶域スペースダイレクトの構築手順です、この環境をすべて1台のノートPC上に構築することも可能です

www.hitoriit.com

以上