こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

Windows 2016 RDS アプリ仮想化(Remote Appプログラム作成・リモートデスクトップ接続サービス)

f:id:bfx62324:20181125212702p:plain

Windows Server 2016のリモートデスクトップ接続サービスは、OS標準機能で立派なVDIツールの肩代わりが可能です

  • サーバログインする環境を共有利用(セッションホスト:リモートデスクトップ
  • サーバにインストールされたアプリケーションの共有利用(アプリケーション公開)
  • クライアントOSの展開とデスクトップ仮想化(MS-VDI)

今回は、セッションホストを活用して、アプリケーション公開を行います

手順の流れ

  • RDSセッションホスト環境を構築します(以下2つの記事参照)

www.hitoriit.com

www.hitoriit.com

  • 公開したいアプリケーションを用意
    セッションホストに公開したいアプリケーションをインストールします
    全てのセッションホストに同じアプリケーションをインストールします

今回は、セッションホスト上に「Firefox」「Teraterm」をインストールしました
セッションホスト上にインストール してください

f:id:bfx62324:20181125213650p:plain

ここまでが済んだ状態で手順を続けます

リモートデスクトップ接続サービスからRemoteAppプログラム作成

アプリケーション公開(RemoteAppプログラム)は、サーバOS同時リモートデスクトップできる「リモートデスクトップコレクション」と共存はできるのですが、別のセッションホストを用意する必要があります
この意味でもセッションホストは物理サーバではなく、仮想マシンで作成して1台のサーバ上に複数のサービスを同居させる構成がおすすめされます

手順は、「新規コレクションを作成」「RemoteAppプログラム作成」の2つの手順です

f:id:bfx62324:20181125215406p:plain

新規コレクション作成

「サーバーマネージャー」→「リモートデスクトップサービス」→「コレクション」から
「タスク」→「セッションコレクションの作成」を選択

f:id:bfx62324:20181125215900p:plain

コレクション名を設定して「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20181125215935p:plain

コレクションを動作させるセッションホストを選択して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20181125220012p:plain

アクセスさせたいユーザ(グループ)を追加して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20181125220056p:plain

ユーザプロファイルの指定で、「ユーザプロファイルディスクを有効にする」のチェックを外して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20181125220546p:plain

ユーザプロファイルディスクを有効にする場合は、複数のセッションホストを利用する場合です。こちらの記事を参考にしてください

www.hitoriit.com

設定内容を確認して「作成」をクリック

f:id:bfx62324:20181125220528p:plain

作成したコレクションが表示されます

f:id:bfx62324:20181125220647p:plain

RemoteAppプログラムの作成(FirefoxTeratermをアプリケーション公開)

ここから作成したコレクションにアプリケーションを追加していきます
今回は、セッションホストにインストールしたFirefoxTeratermを登録して利用できるようにします

f:id:bfx62324:20181125221914p:plain

コレクション画面で「タスク」→「RemoteAppプログラムの公開」を選択

f:id:bfx62324:20181125222000p:plain

f:id:bfx62324:20181125222025p:plain

公開可能なアプリケーションが一覧表示されます
Firefox」「Teratem」を選択して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20181125222122p:plain

確認して「公開」をクリック

f:id:bfx62324:20181125222154p:plain

完了まで待ちます

f:id:bfx62324:20181125222235p:plain

アプリケーションが追加されたことが確認できます
それとともに、 コレクションのリソース RempteAppプログラム になっていることが確認できます

アプリケーション毎にプロパティの編集も可能です

f:id:bfx62324:20181125222728p:plain

RemoteAppを利用してみる

では改めて接続してみましょう
https://[RDwebサーバのFQDN/RDweb」にアクセス、ユーザパスワードで接続

f:id:bfx62324:20181130085050p:plain

すると、追加した2つのアプリケーションが表示されます

f:id:bfx62324:20181130085135p:plain

非常に簡単な手順でRemote Appプログラムを作成することができました

Firefoxを立ち上げてみたときの例

f:id:bfx62324:20181130085231p:plain

Teratermを立ち上げてみたときの例

f:id:bfx62324:20181130085252p:plain

ローカルインストールアプリと使用感は同等です

以上でWidnowsリモートデスクトップ接続サービスを使用したアプリケーション仮想化(Remote App)の構築手順でした

関連記事です

削除ではなく、追加(増設)したい場合は、こちらを参考にしてください

www.hitoriit.com

VDIとして使用するには管理サーバ機能は基本的にこれで使えるようになっているので、仮想化ホストを追加すれば完了です

www.hitoriit.com

セッションホストとしてコレクションを作成できます

www.hitoriit.com

VDIとして利用するのであれば、こちらも参照してデスクトップコレクションを作成してください

www.hitoriit.com

MS-VDIで利用するクライアントOSはHyper-V仮想マシンサポートされている仮想マシンから選択しましょう

www.hitoriit.com

www.hitoriit.com

以上