こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々を綴っています。

(Oracle Cloud)ネットワークの作成・初めてのネットワーク(オラクルクラウド)

Oracle cloudのアカウントを開設して使えるようになったらまず最初にネットワークを作成しましょう
まず最初はネットワークを作る必要がある点はAWS/Azureと同じですね、クラウドはインターネットの先のネットワーク上にサーバを作るんです。
つまりサーバ作成よりもネットワーク作成が先

仮想ネットワークの作成 

 Oracle cloudコンソールの右メニューから「ネットワーキング」を選択します

f:id:bfx62324:20201027170744p:plain

するとネットワークの画面に遷移します。 

f:id:bfx62324:20201027170811p:plain

 ここから仮想ネットワークを作っていきます

「仮想クラウド・ネットワーク」を選択します

f:id:bfx62324:20201027170850p:plain

「VCNの作成」をクリックします 

f:id:bfx62324:20201027170921p:plain

VCNが仮想的なネットワークですね

「仮想クラウド・ネットワークの作成」画面に移動します 

f:id:bfx62324:20201027171457p:plain

あとはウィザード内容に従って埋めていくだけなんですが

  • 名前:(適当に名前を決めてください)
  • CIDRブロック:作成したいIPアドレスレンジを入力
    CIDRではサブネットの塊みたいに広い範囲を入力
  • DNS解決:(適当に名前を入力)

これでOKです
「VCNの作成」をクリックしましょう。すぐに仮想ネットワークが完成します 

f:id:bfx62324:20201027171533p:plain

 

 作成するとこんな感じの画面が表示されるようになります

f:id:bfx62324:20201111205252p:plain

 

サブネットの作成

 次にサブネットを作っていきましょう
先ほど作成した仮想ネットワーク内に、サブネットを一つ以上作成していく感じです

「サブネットの作成」をクリックします

f:id:bfx62324:20201027171656p:plain


サブネットの作成画面でまず「名前」を入力します
次に「サブネット・タイプ」を選択します

f:id:bfx62324:20201027172141p:plain

サブネット・タイプは「リージョナル(推奨)」で問題ありません

サブネットクラスはお好みで選択してください。ここでパブリックIPアドレスを使うのか、Internetから隔離されたプライベートIPアドレスを使用するのかを選択できます 

f:id:bfx62324:20201027172225p:plain


残りのオプションは基本的にはデフォルトのままで問題ありません 

  • DHCPオプション:デフォルト
  • セキュリティ・リスト:デフォルト

内容に問題がなければ「サブネットの作成」をクリックします

f:id:bfx62324:20201027172304p:plain

 

すると仮想ネットワーク内に「サブネット」が作成されていて使用可能な状態になっていることが確認できます

f:id:bfx62324:20201027172522p:plain

 

これで作業は完了です

Oracle Cloudでまず最初に必要なネットワークの作成がこれで完了しました
Oracle cloudでコンピュートやAutonomous Databaseを使う準備が整ったと言えるので早速作っていきましょう 

関連記事です 

 OracleクラウドはもちろんOracle Databaseからサーティファイされています
それ以外だとAWS/Azureだけですね。Oracle Databaseからサポートされると認定されているクラウド環境は

www.hitoriit.com

 Oracle cloudには無償枠もあります
うまく使えば無料でOracle Databaseが使えるというわけです 

www.hitoriit.com

 以上です