こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

ジュニアNISAで米国ETF(VTI)を購入する理由

ジュニアNISAでVTIを購入しています 現在息子は6歳 6歳の息子の大学入学資金としてジュニアNISAを始めようかと思った次第です hitoriit.hatenablog.com 私はあまり 保険 というものに興味がありません。学資保険はもちろん、医療保険や生命保険、収入保険も…

[画像解説]Windows Server 2016 S2D HCIディスク追加(記憶域スペースダイレクトで作るHyper-Vクラスタの増設)

検証目的でWindows10 Hyper-V上に、「記憶域スペースダイレクトを利用したHyper-Vクラスタ」を構築しています いわゆる S2D HCI です 今回は、ディスク増設(3ノードにから3ノードへの増設)です ディスク増設によってディスク容量の拡張 本ページの完成イ…

Windows10のサポート期間・サポート終了期間(バージョン1809リリース時点)

WindowsクライアントOSのサポート期間は基本的には製品リリースから10年 従来Windows OSには、5年間の「メインストリームサポート」と、5年間の「延長サポート」というサポート期間が設定されていました メインストリームサポートと延長サポートでは、セキュ…

Windows Server 2019 評価版のダウンロード

Windows Server 2019が製品リリースされました cloudblogs.microsoft.com Windows Server 2016は2016年も終盤に差し掛かった頃にリリースされあっという間に2017年になったしまった記憶もあり2016年中にはほとんどユーザがいなかった記憶があり…

[Ansible]ノートPC Hyper-V 上のCentOS7.5にAnsibleインストール

Ansibleは今や自動化のデファクトスタンダードです 簡単(Simple) 強力(Powerfull) SSHが届けば操作可能(Agent Less) Play book 4点揃っていて、Ansible環境が持ち運べれば どこでも自動化が可能 というわけです WindowsでAnsible実行環境を用意する方…

Windows10 Hyper-VでNAT構成(ゲストOS CentOS7)

Windows10のHyper-V機能は非常に便利でかつお手軽に構築することができます 最近はノードPCでもメモリ8GB、SSD搭載が当たり前になってきたのでそこそこのスペック・台数のゲストOSを稼働させても結構ちゃんと動く検証環境が構築できます 検証環境などをノー…

CentOS 7 画面をGUIに変更(ランレベル変更)

CentOS 7からOSのランレベル変更方法が、CentOS 6以前の「/etc/inittab」でOSのランレベル変更という方法から変わっています CentOS7 : 「systemd」で実施 CentOS6以前: 「/etc/inittab」で設定 systemctlコマンドを使用 「systemctl」コマンドを使用して…

Windows10 Hyper-VにCentOS7構築

Windows10にHyper-V機能を有効にすることができます このメリットとしては 検証環境などをノートPCに構築して持ち運ぶ Linuxなどの開発環境を構築する LinuxにAnsibleをインストールして自動化環境を持ち運ぶ Windows Server 評価版でサーバ環境を構築して持…