こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

Windows10 Hyper-V上にAD構築(Active Directory Windows Server 2016)

f:id:bfx62324:20180823171511p:plain

Windows10に組み込まれたHyper-VはWindonws Server Hyper-V顔負けで、基本的には Hyper-V単体でできることはサーバOSと同じことができる と考えていいです

といったことを除けばほとんどのことが実施可能です。

もっとも、Windows10 Hyper-V上に、Windows Server 2016 Hyper-Vを立てる(ネスト:Neted Hyper-V)ことも可能なので、基本的には なんでもできる といっても過言ではないかもしれません

もちろんサーバOSも稼働します

www.hitoriit.com

Windows10 Hyper-Vの目的の一つとして「PC上にWindows Severを手軽に動かしてみたい」が挙げられるとおもいます
Windows Sever 2016評価版などであれば、Windows 10 PC上にもインストールできますし、自宅PCの自習にも役立ちます

そうすると決まって必要になるのがAD(Active Directory)になってきます

今回はそのActive Directoryドメインコントローラを構築する手順をご案内します

今回のゴールイメージ

事前にWindows10のHyper-V機能を有効化(インストール)しておいてください

www.hitoriit.com

今回はそこにADドメインコントローラを構築します(検証なので1台)

f:id:bfx62324:20180823171511p:plain

Windows Server 2016 Active Direcotryドメインコントローラインストール手順

まず、仮想マシンを作成し、Windows Server 2016をインストールしておいてください

www.hitoriit.com

サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」を選択します

f:id:bfx62324:20180823170154p:plain

「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170157p:plain

「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択

f:id:bfx62324:20180823170200p:plain

自分自身が選択されていることを確認

f:id:bfx62324:20180823170203p:plain

「役割の追加」で、「ActiveDirectoryドメインサービス」を選択

f:id:bfx62324:20180823170206p:plain

必要な役割一覧がリストされます、「機能の追加」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170729p:plain

「ActiveDirectoryドメインサービス」にチェックが入っていることを確認して、「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170732p:plain

「機能の選択」は何も選択せずに「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170735p:plain

「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170739p:plain

「必要に応じてサーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れて、 「インストール」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170742p:plain

進捗を進んでいることを確認

f:id:bfx62324:20180823170820p:plain

完了すると以下の画面に切り替わります
「このサーバードメインコントローラーに昇格する」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170823p:plain

配置構成で、ドメイン名(今回は domain99.local )を入力して、「新しいフォレストを追加する」を選択

f:id:bfx62324:20180823170827p:plain

以下を入力

f:id:bfx62324:20180823170830p:plain

何もせず「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170833p:plain

NetBIOSドメイン名が「DOMAIN99」になっていることを確認

f:id:bfx62324:20180823170907p:plain

デフォルトのまま変更なし

f:id:bfx62324:20180823170911p:plain

設定内容を確認して「次へ」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170914p:plain

いくつか事前チェックに引っかかる場合がありますが
「インストール」をクリック

f:id:bfx62324:20180823170917p:plain

完了すると、ドメイン名が「domain99.local」となっていて、ドメインコントローラーとして動作します

f:id:bfx62324:20180823170921p:plain

これで、下図のようになり、Windows10 Hyper-V上にActive Directoryドメインコントローラーが1つ構築できました

f:id:bfx62324:20180823171511p:plain

関連記事です

Windows10 Hyper-V有効化はとても簡単な手順で実施できます

www.hitoriit.com

Windows10 Hyper-Vでも、LinuxはもちろんWindows Server 2016仮想マシンも構築可能です

www.hitoriit.com

Windows10のライフサイクルは従来までのWindowsから変更になっています

www.hitoriit.com

以上