こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

Windows10 Hyper-Vのクイック作成

f:id:bfx62324:20180821105057p:plain

Windows10のHyper-V機能は有用で、基本機能はサーバOSのHyper-V 同等です
しかもWindows10 Hyper-V上で作成した仮想マシンWindows Server や LinuxCentOSなど)をきちんと動作させることも可能です(この点はライセンスに注意)
つまりノートPC上で作成した仮想マシンで検証マシンを構築することも可能です

今回はWindows10 Hyper-V仮想マシンをすばやく構築可能な クイック作成 機能を使用した仮想マシン作成について記載します

事前準備

  • Widnows10にHyper-V機能が有効化されているところまでが完了している前提です
  • 仮想マシンのOSインストールISOイメージを用意しておいてください

Hyper-Vインストールを実施していない場合は、こちらを参考にインストールしてください

www.hitoriit.com

クイック作成を使用したHyper-v仮想マシン作成手順

Hyper-Vマネージャー」を起動して、「クイック作成」をクリックします

f:id:bfx62324:20180821105024p:plain

「ローカルインストール元」をクリック

f:id:bfx62324:20180821105021p:plain

「インストール元の変更」をクリック

f:id:bfx62324:20180821105018p:plain

用意したISOイメージを選択して「開く」をクリック

f:id:bfx62324:20180821105015p:plain

「その他のオプション」をクリック

f:id:bfx62324:20180821105011p:plain

仮想マシン名」を入力し、接続したいNetwork(仮想スイッチ)を選択して
仮想マシンの作成」をクリック

f:id:bfx62324:20180821105102p:plain

※ここの時点ですでに仮想マシンが作成されています
※スペック(CPU / Memory)などを編集する目的でここからは作業します
「設定の編集」をクリック

f:id:bfx62324:20180821105057p:plain

仮想マシン編集画面が表示されます

f:id:bfx62324:20180821105054p:plain

とりあえず、メモリサイズを編集してみます

  • 起動メモリ: 2048MB
  • 動的メモリ有効
  • 動的メモリ最小: 512MB
  • 動的メモリ最大: 8192MB

f:id:bfx62324:20180821105050p:plain

プロセッサ数を「4」に変更

f:id:bfx62324:20180821105047p:plain

自動起動アクション」を「何もしない」に設定
※これでホストOSのWindows10が起動したときに自動的に仮想マシンが起動してこないように制御

f:id:bfx62324:20180821105150p:plain

「自動停止アクション」を「ゲストオペレーションシステムをシャットダウン」に設定
※これでホストOSのWindows10をシャットダウンしたときに、仮想マシンが起動している場合自動的に仮想マシンOSをシャットダウンするようにに制御
※変更しないと状態を保存してしまうので、シャットダウンにしておいたほうがいい

f:id:bfx62324:20180821105147p:plain

作成完了すると、自動的に仮想マシンコンソールが起動してきます
「起動」をクリックすると、仮想マシンが起動し、作成時に指定したISOイメージで自動的に起動するようになります

f:id:bfx62324:20180821105141p:plain

関連記事です

Windows10 Hyper-Vでも、LinuxはもちろんWindows Server 2016仮想マシンも構築可能です

www.hitoriit.com

Windows10のライフサイクルは従来までのWindowsから変更になっています

www.hitoriit.com

以上