こしぞーのひとり情シス

Windows/仮想化の小規模環境を運用するリーマンの日々。

[S2D HCI]Windows10上にWindows Server 2016 S2D HCI構築「その3」(Storage Spaces Direct/記憶域スペースダイレクト)

f:id:bfx62324:20180825153107p:plain

検証目的でWindows10 Hyper-V上に、「記憶域スペースダイレクトを利用した、2ノードHyper-Vクラスタ」を構築していきます

いわゆる S2D HCI 2ノード構築手順です

くらいの性能であればWindows10 Hyper-V上に、複数のWindows Server評価版を動作させてWindows Server 2016 S2D HCIが構築できます

今回は2つの仮想マシンに基本機能をインストールするまでの手順を紹介します

本ページの完成イメージは次のとおりです

f:id:bfx62324:20180908144542p:plain

Windows Server 2016 S2D HCI構築手順概要

事前準備(ここまでの手順)

まず、以下記事を参考に、仮想マシン2台にHyper-V役割とフェイルオーバークラスタリング機能をインストールしておきます

www.hitoriit.com

つぎに、以下記事を参考に、仮想マシン2台にHyper-Vクラスターを作成しておきます

www.hitoriit.com

記憶域スペースダイレクト(S2D)共有ディスク作成

作成手順としては、以下のとおりです

仮想マシンに仮想HDDを複数個作成して提供

2台の仮想マシンに仮想HDDを追加します

f:id:bfx62324:20180908152415p:plain

以下の作業を2つの仮想マシン両方に実施します

仮想マシンの設定から、「ハードウェアの追加」→「SCSIコントローラ」→「追加」をクリック

f:id:bfx62324:20180908152231p:plain

追加したSCSIコントローラを選択し、「ハードドライブ」を「追加」

f:id:bfx62324:20180908152239p:plain

「新規」をクリック

f:id:bfx62324:20180908152246p:plain

容量可変で作成していきます

f:id:bfx62324:20180908152254p:plain

「容量可変」「サイズ5GB程度」で作成します

f:id:bfx62324:20180908152320p:plain

以下図のように4つ程度作成しておきます

f:id:bfx62324:20180908152328p:plain

仮想HDDを GPT 形式で初期化

Hyper-VホストのWindowsにログインして、ディスクをGPTで初期化します

まず、「オンライン」に変更

f:id:bfx62324:20180908152848p:plain

「ディスクの初期化」を実行

f:id:bfx62324:20180908152854p:plain

「GPT」で初期化

f:id:bfx62324:20180908152904p:plain

S2D有効化

コマンドを実行して、ディスクが認識されているかを確認

Get-Disk | select Number, FriendlyName, OperationalStatus, Size, PartitionStyle, BusType | sort Number | ft -AutoSize

Size 5GBで、GPTパーティションにできています。仮想マシンからはSASディスクとして認識されています

f:id:bfx62324:20180908153542p:plain

S2Dを有効化にします「Enable-ClusterS2D」実行後に、「Y」

f:id:bfx62324:20180908153615p:plain

f:id:bfx62324:20180908153624p:plain

SSDで認識されているディスクがないのでエラーが出ますが、キャッシュ有効にできない旨なのでそのまま気にせず続行

f:id:bfx62324:20180908153631p:plain

すると、フェイルオーバークラスターマネージャーの「記憶域プール」に「クラスタープール1」が作成されています
容量は30GBで、使用可能容量は28GBです

f:id:bfx62324:20180908162947p:plain

物理ディスクとして、2つのHyper-V仮想化ホストに提供した5GB x8ディスクが認識されています

f:id:bfx62324:20180908163004p:plain

クラスタープールを作っただけなので、 仮想ディスクはありません これから作成します

f:id:bfx62324:20180908162957p:plain

S2DプールからHyper-vクラスタボリューム(CSV)作成

現在の状態だけだと記憶域プールを作成しただけです

ここからボリュームを切り出してHyper-V記憶域にする(つまり、CSVボリュームを作成する)

PowerShellから「New-Volume」コマンドを実行してボリュームを作成します

New-Volume -StoragePoolFriendlyName "S2D on hcicluster" -FriendlyName S2Dvol01 -Size 11GB -FileSystem NTFS -ResiliencySettingName Mirror -PhysicalDiskRedundancy 1

f:id:bfx62324:20180908171619p:plain

  • StoragePoolFriendlyName : プール名を記入(記憶域→プール→要約に記載)
  • FriendlyName : 今回作成したいボリューム名
  • Size : サイズ
  • FileSystem : ファイルシステム
  • ResiliencySettingName : データ保護タイプをミラーリング(Mirror)かパリティタイプ(Parity)で指定。2ノードの場合は「Mirror」のみ
  • PhysicalDiskRedundancy: データ可用性を指定。2ノードの場合は「1」のみ指定可能

クラスタープールの「使用領域」が増えて、使用済みの容量が増えていることが確認できます

f:id:bfx62324:20180908171625p:plain

「記憶域」→「ディスク」にボリュームが作成されています
このボリュームを選択した状態で画面右メニューの「クラスターの共有ボリュームに変換」をクリック

f:id:bfx62324:20180908171632p:plain

クラスターの仮想ディスクが、「クラスターの共有ボリューム」に変更されたことを確認
2台のHyper-Vクラスタ両方にフォルダマウント(C:\ClusterStorage\VolumeXX)されています

f:id:bfx62324:20180908171645p:plain

f:id:bfx62324:20180908171654p:plain

f:id:bfx62324:20180908171702p:plain

ここまでで2台のHyper-Vローカルディスクを使用した、S2D HCI構築は完了です

仮想マシンを新規作成し、C:\ClusterStorage\Volume1に保存すればS2D上で動作します

f:id:bfx62324:20180825153107p:plain

関連記事です

Windows10 Hyper-V有効化はとても簡単な手順で実施できます

www.hitoriit.com

Windows10 Hyper-Vでも、LinuxはもちろんWindows Server 2016仮想マシンも構築可能です

www.hitoriit.com

Windows10 でWindows Server系インフラ検証に必須のADインストール手順です

www.hitoriit.com

以上